このエントリーをはてなブックマークに追加
banner

シミのケアにはビタミンCが有効!? その理由と取り入れ方とは?

シミのケアにはビタミンCが有効!? その理由と取り入れ方とは?

年齢を重ねるにつれてお肌のお悩みは増えていきますが、とくに多くの女性を悩ませるのが「シミ」の存在です。
肌にシミがあると、見た目年齢を上げたりスキンケア不足な印象を与えたりしてしまいます。

いつまでも若々しく美しい見た目をキープするためには、シミの予防・ケアが必要不可欠。
しかし、「なかなかシミが改善できない」と頭を抱えている方も多いでしょう。
そこで今回おすすめしたいのが、シミの改善にビタミンCを取り入れようというもの。

シミ改善とビタミンCにはどのような関係があるのか、またどのようにしてスキンケアに役立てればいいのかなど、詳しくご紹介していきます!

そもそもなぜ「シミ」ができてしまうの?

多くの女性を悩ませているシミですが、これができる原因は紫外線やホルモンバランスの乱れ、摩擦などがきっかけで引き起こるメラニン色素の増加です。
メラニン色素と聞くと、シミの発生を連想させるため悪いイメージを抱きがちですが、実は肌を守るために欠かせないものでもあります。
先述した通り、メラニン色素は紫外線などの外部刺激によってメラノサイトという細胞から生成されますが、通常はターンオーバーによって排出されるもの。

しかし、加齢や生活習慣の乱れ、スキンケア不足、栄養バランスの偏りなどがあるとターンオーバーが乱れてメラニン色素が排出されにくくなります。

また、紫外線を大量に浴びてしまった、肌への摩擦が習慣化しているなどで刺激が多くなるとメラニン色素が通常よりも大量に生成され、排出が間に合わずにどんどんと蓄積してしまいます。
このようにメラニン色素が排出されず、蓄積されていくと色素沈着が起こってシミができてしまうのです。

シミにはビタミンCが効果的!? その真相とは?

シミを予防・改善するためにはメラニン色素の生成をおさえることが重要になりますが、それに役立ってくれるのがビタミンCの存在です。
ビタミンCには、メラニン色素生成の予防と、すでにできてしまったシミの元となっているメラニン色素を薄くするという働きがあります。

そのため、ビタミンCにはこれからできるシミの予防と、すでに肌に存在するシミのケアという2つの効果が期待できるのです。

ビタミンCでシミを予防・改善する方法とは?

シミ予防・改善のためにビタミンCを取り入れようとして真っ先に思いつくものといえば、ビタミンCが多く含まれる野菜や果物を食べるというものではないでしょうか。
もちろん食から栄養を摂ることは肌にも健康にも大切なことですが、ビタミンCを体内から摂取すると血液や臓器などのほうに先に使用されてしまい、肌への効果まで望むことができません。

そのため、ビタミンCを効果的にシミへとアプローチさせるためには、ビタミンC入りのスキンケアアイテムを使用することがおすすめです。
とくにおすすめしたいのが、ビタミンC誘導体などが含まれた美容液。化粧水やクリームなどのデイリースキンケアに、ビタミンCたっぷりの美容液というアイテムをプラスするだけで、シミケアを充実させることができます。
意外と見落としがちな首やデコルテなどのボディパーツにも塗ることをおすすめします。

ビタミンCでシミを予防・改善する方法とは?
 

一度できてしまうと手間や時間のかかるシミですが、継続して行う毎日のコツコツとしたケアが改善へのカギを握ります。
「もう年だから……」などといって諦めず、まずは一度ビタミンCのパワーを信じてスキンケアに取り組みましょう。

ミューノアージュ薬用美白美容液「アドバンストホワイトニングセラム」は、薬用美白成分として『ビタミンCエチル』を配合しています。
『ビタミンCエチル』は即行型ビタミンCとも呼ばれ、ビタミンC誘導体の中でも効率的に長時間働く成分です。

薬用美白美容液[医薬部外品] アドバンストホワイトニングセラム