banner

VOL. 34  歳を重ねるほどに、派手になりたい。力強い洗練こそが、アンチエイジングなのだから!

服を買うときに、どちらにしようか迷った2着が、無難な服と、自分には少し派手かもしれないという服であったとしよう […]

続きを見る


Vol31 若い頃に浴びる視線とは違う。 あなたの存在美が、 尊敬を含んだ熱い視線を再び浴びる ことになるのは、むしろこれから!

若い頃に浴びる視線とは違う。 あなたの存在美が、尊敬を含んだ熱い視線を再び浴びることになるのは、むしろこれから!

続きを見る


Vol30 誰のために美しくなるの? 愛する人の目に美しく映るためと 考えるフランス女が眩しい

誰のために美しくなるの? 愛する人の目に美しく映るためと 考えるフランス女が眩しい

続きを見る


Vol29 40歳の歌姫の早すぎる引退。 そこに生まれる新しい年齢観と、 私たち女が学ぶべきこと。

40歳の歌姫の早すぎる引退。 そこに生まれる新しい年齢観と、 私たち女が学ぶべきこと。

続きを見る


Vol28 大人は、景色のような美しさを持つべき。 だから、花鳥風月のどれか1つを選んで欲しい。

大人は、景色のような美しさを持つべき。 だから、花鳥風月のどれか1つを選んで欲しい。

続きを見る


Vol.27 人は、体型から歳をとる?だから始めて欲しい。例えば、背もたれを使わない生活……。

人は、体型から歳をとる?だから始めて欲しい。例えば、背もたれを使わない生活……。

続きを見る


Vol.26 ベッドの中で眠れずに悶々とする時間を人生から排除することこそ、美容

ベッドの中で眠れずに悶々とする時間を人生から排除することこそ、美容

続きを見る


Vol.25 お互いの趣味に、女友達を招待する……それは、みんな一緒に輝く発見!

お互いの趣味に、女友達を招待する……
それは、みんな一緒に輝く発見!

続きを見る


Vol.24 間もなく人口の半分が、50歳以上…… 閉経後から、改めて美しさを競う 時代が始まる

間もなく人口の半分が、50歳以上……
閉経後から、改めて美しさを競う
時代が始まる

続きを見る


Vol.23 日本一忙しいあの人が証明した 「人はむしろ忙しいほど美しくなる」!

忙しいから、自分をかまってあげられない……どんな人も多かれ少なかれ、自分にそういう言い訳をしてきたはず。

続きを見る


Vol.22 知らない国への海外旅行グセは日本にいる時も忙しい、だから立派なアンチエイジングである。

今、ちょっと悲しいことに、世界各国から日本に飛んでいる直行便が、次々なくなる方向にあると言う。

続きを見る


Vol.21 疑わない、諦めない、心が素直な人ほど美しくなる……その科学的な根拠

たとえば、ただの水も、「これはとてもよく効く化粧水です」と言われて使うと、本当に効いてしまう。
まるで濃厚な潤いのように、肌がしとしと潤ってしまうのだという。

続きを見る


Vol.20 人は、ただ表情の魔法だけで、 つまり一瞬で、10歳、20歳若返る!!

人は世界中でいちばん、“自分自身のこと”を知らない……そういう格言がある。
まさにそう。自分は自分を見られない。

続きを見る


Vol.19 「若く見える」より今、 「素敵な人」 「雰囲気のある人」と言われたい

あなたは、どんな言葉で褒められたいのだろう?
「お綺麗ですね」はもちろん、「若く見えますね」も確かに嬉しい褒め言葉。それだけで女は満足できる。でも、今や“若く見えること”は、少しも難しいことではなくなった。

続きを見る


Vol.18 自分には着こなせないかも。贅沢すぎるかも。そういうものをこそ、 “買うべき”である

買いものには“迷い”がつきもの。
買うべき?やめておくべき?どちらにするべき?どうしよう。

続きを見る


Vol.17 昔、好きだった人に声をかけられるか?それとも、とっさに身を隠すか?

街でばったり、〝昔好きだった人〟に出くわしたら、あなたはその時にどういう行動をとるのだろう。想像してみてほしい。実際に〝好きだった人〟を思い浮かべて……。

続きを見る


Vol.16 〝佇まい〟と〝居ずまい〟にこそ、印象年齢が宿る。
だから必ず〝誰かに見られている〟と思うこと

若く見える人と老けて見える人……その分かれ道となるものは、この世にたくさんあるけれど、ひとつ決定的な要素をあげるならば、やはり〝佇まい〟と〝居ずまい〟。

続きを見る


Vol.15 老けない人には、水を感じる。 肌の中に水がサラサラ流れてる

肌の美しさでも有名なある女優は、一日に何度もお風呂に入り、「水がそばにないと何だか落ち着かない」と語っている。

続きを見る


Vol.14 〝嬉しい忙しさ〟は 人をどんどん若くする

忙しさ〟にも、明らかに2種類ある。
単純に〝嬉しくない忙しさと嬉しい忙しさ〟。
つまり、人を不機嫌にしたりピリピリさせる忙しさと…

続きを見る


Vol.13 娘から母へ、 きれいになるエネルギー そのものを贈るということ

80代になる母親に、〝誕生日〟だ〝クリスマス〟だ〝母の日〟だと、
せっせとプレゼントを贈るのは、
平坦な日常に少しでも変化をもたらせたら、とそう思うからだが、

続きを見る


  • 限定キャンペーン
  • 最大25%OFF!!+送料無料!お得で便利なラクラク定期便
  • トライアルキット