Vol.19 秋の乾燥がシワの原因?潤いを守る秋の乾燥対策スキンケア

2021.06.22

Vol.19 秋の乾燥がシワの原因?潤いを守る秋の乾燥対策スキンケア

秋になると空気が乾燥して、肌のカサつきが気になり始めますよね。

保湿ケアが欠かせない季節ですが、ケアを怠ってカサつきを放置してしまうと、シワの増加につながってしまいます。 うるおいが溢れる健やかな肌をキープするためにも、秋の乾燥対策について詳しく探ってみましょう。

秋の乾燥はシワの原因に!

秋の乾燥はシワの原因に

秋は空気が乾燥し始める時期です。 空気が乾燥すると、肌の水分が奪われてしまいます。 カサカサとした肌から粉が吹いたり、痒みが出てしまうことも多くなるでしょう。

そしてこの時期の肌の乾燥は、シワを増やす原因になります。 水分量が維持できなくなることで肌のハリが失われ、細かな表皮シワが現れてしまうのです。 細かなシワを放っておくと、シワ同士がつながって深く長いシワができる恐れもあるため、注意が必要になります。

さらに秋は、夏の間に浴びた紫外線のダメージが残っています。 そこに乾燥が加わってしまうとシワだけでなく、くすみやシミの発生にもつながってしまうことも。 早めの乾燥対策をすることは、シワのみならず肌のさまざまなトラブルを防ぐことにつながるのです。

シワを防ぐ! 秋の乾燥対策スキンケア

1. 基礎化粧品を重ねて塗る

乾燥対策で保湿クリーム

乾燥が気になってきたら、化粧水やクリームを2~3度重ね塗りしましょう。 1度塗ったら手で肌を優しく抑え込み、ハンドプレスを行います。 これを2~3度繰り返して、肌の奥までうるおいを届けられるようにしっかりと時間をかけてケアを行ってください。

2. 日中もこまめに保湿

乾燥対策で保湿

朝晩だけの保湿では、暖房や外気による乾燥に耐えきれないことがあります。 日中もトイレ休憩などと同時に、クリームを塗ってこまめに保湿しておきましょう。 メイクのヨレが気になる場合は、保湿後に肌をティッシュで軽く拭き取ってからフェイスパウダーを叩くとキレイに仕上がります。

3. 熱いお湯で顔を洗わない

乾燥対策と洗顔

気温が下がる秋~冬にかけてのシーズンはつい熱いお湯で顔を洗いたくなりますが、肌のうるおいを根こそぎ洗い流してしまいます。 クレンジングや洗顔時には、32度程度のぬるま湯を使うようにしましょう。

4. 肌をこすらない
指やコットンで肌をこすると、バリア機能が低下して乾燥しやすくなります。 顔に触れるときは極力こすらないこと、そして洗顔時には肌に直接触れずに洗顔料の泡だけを転がすようにしましょう。

5. 水分補給をする

乾燥対策と水分補給

「乾燥対策=肌のケア」というイメージがありますが、体内のケアも必要不可欠です。 実は体内の水分が不足していると、肌も乾きやすくなってしまうのです。

1日1.5~2リットルの水を、コップ1杯ずつに分けてこまめに飲むようにしましょう。 ただし冷たい水だと代謝を低下させてしまうので、常温以上の水を飲むことが大切です。

シワを防ぐ! 秋の乾燥対策スキンケア

肌の乾燥は、美しさを追求する女性の大敵となります。 シワや痒みで悩む前に、予防的なケアが重要なポイントです。

毎日の保湿ケアを徹底して、肌のうるおいを保っていきましょう。

  • ミューノアージュ / MUNOAGE

    東京六本木ミッドタウン皮膚科形成外科Noage監修の元、誕生したブランド。年間1万人を超える臨床知見を基に、確かなソリューションと高品質なサービスをお届けしています。

次の記事へ

前の記事へ

記事一覧に戻る