banner

vol.27 どうしたらいい?髪、冬の悩み注意報!

乾燥や気温低下が肌にダメージを与えるように、冬場は髪や頭皮にも様々な悩み注意報が。
何となく感じているその悩み、そのままにしていませんか?

「ツヤがなくパサパサして、いつもより老けて見える気が・・・。」
「冬になるとかゆみが出てきます。」
「髪がやせてきた気がします。」
「かぶれなどの頭皮トラブルが怖くて、カラーリングの回数を控えています。」

その原因は「頭皮乾燥」放っておくと抜け毛の原因にも

冬になると多くの方が顔のスキンケアは念入りに行いますね。
では頭皮のお手入れはいかがでしょうか。

顔に比べて乾燥に気付きにくい頭皮ですが、同じように非常に乾燥しています。冬の乾燥によって頭皮が乾燥すると、皮膚のうるおいを保っている角質層が乱れ、バリア機能が低下し、頭皮が荒れた状態に。

かゆみやフケ、炎症などのトラブルにつながります。さらにこうした状態を放っておくと、髪を生み出す毛根が損傷し、抜け毛にまで繋がってしまうのです。

【頭皮乾燥を食い止める】始めましょう!冬に負けない髪作り

<その1>トラブルに負けない丈夫な頭皮をつくる食習慣。
頭皮環境を整えるビタミンCや、皮膚の新陳代謝を促すビタミンB群、髪を作る細胞への血流を良くするビタミンEを積極的に摂りましょう。髪の毛はケラチンというたんぱく質から作られます。良質なたんぱく質を中心に様々な食材栄養をバランスよく摂取することを心がけましょう。

<その2>育毛剤で念入り保湿!
朝晩、育毛剤で乾いた頭皮にたっぷり保湿しましょう。洗髪しない日も欠かさずつけることが大切です。Wアプローチヘアプログラムはうるおいを与える植物エキスもたっぷり配合!炎症を起こしやすいアルコール無添加で安心!
【Wアプローチヘアプログラム植物由来保湿成分】
ヒアルロン酸Na・カミツレ花エキス・シソ葉エキス

<その3>冷え性さん必見!頭皮マッサージ。
体が冷えると血行が悪くなり、頭皮乾燥を加速させます。
毎日のマッサージで血行促進すれば、育毛剤の効果も高まります。
暖かい部屋で、育毛剤をつけながらのマッサージが効果的。

【簡単頭皮マッサージ】
10本の指の腹で、額の生え際から後頭部に向かって、らせんをかくようにマッサージ。
最後は、頭をぐっとつかむように引き上げます。
血行を促進し、髪の成長をサポートするだけでなく、顔のたるみにも効果的!

<その4>トリートメントは、髪の“下半分”を目安に。
髪のダメージも気になるけれど、育毛のためには実は要注意なのがヘアトリートメント。
頭皮についてしまうと、その重みで髪の立ち上がりを妨げ、ボリュームダウンして見えるばかりか、油分の毛根づまりは、育毛効果を邪魔してしまうのです。
トリートメントは、毛先だけ、または髪の「下半分」を目安にとりいれましょう。

<その5>かゆい時こそシャンプーは慎重に。
ゴシゴシ洗っては頭皮を傷めるだけ、指の腹で揉むように優しく洗います。
シャワーの温度も高くなりがちですが、髪の主成分であるたんぱく質は熱に弱く、皮脂の取り過ぎにも繋がるため、40度前後にしましょう。

※頭皮のカサつきがひどく、フケやかゆみがある場合は皮膚炎を起こしている場合もあります。自己判断せず、皮膚科へ相談しましょう。

▼皮膚科医発想だから実現した、女性のための育毛プログラム
「Wアプローチヘアプログラム」はこちら

  • 限定キャンペーン
  • 最大25%OFF!!+送料無料!お得で便利なラクラク定期便
  • トライアルキット