banner

Vol.52 ペプチドのシワ・たるみへの実感力

ミューノアージュの代表成分である「ペプチド」。 ペプチドは、医療の分野においても注目を集める画期的な成分です。

今回は「そもそもペプチドって何?」「効果があるの?」の疑問にお答えします。


そもそも、どうして40代以降一気に衰えを感じるのか?

原因は「肌の再生力」が遅くなっているから。


40歳を超えてから、肌が一気に衰えた気がする・・・ そう感じる方も多いのではないでしょうか?


深刻化するシワやたるみの原因の一つが、年齢を重ねるごとに「肌の生まれ変わり(ターンオーバー)」の周期が長くなっていること。 周期が長くなることで、ハリの元となるコラーゲンや、うるおいを保つヒアルロン酸などを生み出す力が弱まってしまうのです。


20代では肌の生まれ変わりが28日だったものが、30代~40代になると45日程度、60歳では20代の約2倍になると言われています。


ペプチドのシワ・たるみへの実感力

そこで注目したのが、ペプチドの優れた「肌再生効果」


うるおいを保つヒアルロン酸などを生み出す力がないと、いくら与えても、実は根本的な解決にはならないのです。 大人肌に、肌本来の生み出す力をサポートしてあげることができれば・・・。


そこで注目したのが「ペプチド」です。


美容や健康、医療の分野においても注目を集める画期的な成分です。 中でもやけど治療のために開発された、7つのペプチド配合の医療用肌再生クリーム「PSP」は、欧米の多くの医療機関で使われています。


ヨーロッパや中国では、まだ化粧品に配合が認められていないほど、ペプチドは世界でも先端の美容成分。 皮膚科学研究をもとに、シワやたるみなど、年齢サインが気になる肌を改善する力があるということが明らかにされています。


ペプチドのシワ・たるみへの実感力

ペプチド Q&A

Q.肌に与えるのは、コラーゲンやヒアルロン酸ではなく、なぜペプチドがいいの?


A.”ハリを生み出す司令塔の役割”だから。


ペプチドとは、アミノ酸の結合体。 よく「人間の体はアミノ酸でできている」と言われている通り、生命の活動には欠かせないものです。


それは肌でも同じ。 皆さんご存知のコラーゲンやヒアルロン酸など、肌を構成しているものを作りなさい!と指令を出す元となるのがペプチドなのです。


肌のハリに必要な「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」などの成分に働きかけて、ハリを生み出すことができるのです。


ペプチドのシワ・たるみへの実感力

Q.シミにもいいの?


A.もちろんよいです!正常なターンオーバーになることでメラニンが排出されます。


ターンオーバーが正常におこなわれている肌では、シミのもとであるメラニンが、古い角質とともに皮膚の表面に押し上げられ、排出されます。 美白しているのにシミが濃くなってきたという方は、もしかしたら肌の生まれ変わりが遅くなりがちなのかもしれません。


ペプチドは、肌本来の”生み出す力”をサポート。 ターンオーバーが整うことでシミを防ぐだけではなく、お肌のバリア機能が高まり、季節の変わり目に起こりがちな肌荒れなどのゆらぎが起こりにくくなります。


ペプチドのシワ・たるみへの実感力

皮膚科形成外科ノアージュ直伝 ほうれい線マッサージ

STEP1.咬筋をほぐして、むくみをとります。


皮膚科形成外科ノアージュ直伝 ほうれい線マッサージ

STEP2.口角を親指でキュッとおさえます。


皮膚科形成外科ノアージュ直伝 ほうれい線マッサージ


STEP3.口の上下をはさんで引き伸ばします。


皮膚科形成外科ノアージュ直伝 ほうれい線マッサージ


STEP4.小鼻の横のくぼみを中指でおさえます。


皮膚科形成外科ノアージュ直伝 ほうれい線マッサージ