banner

Vol.51 今年の冬は、ローションを変えてうるおい続く肌へ。

ハリ弾力化粧水

浸透してサラリ。それでいいの?

「肌にすっとなじんで素早く消えるほど良い」

化粧水の効果をそう判断しているなら、冬のお肌はちょっとピンチかもしれません。


すぐ浸透したように感じるのは、アルコールで揮発させているせいかも。

化粧水には、アルコールを入れることで使い心地をよくしているものも多くあります。

肌表面から消えたように感じても、うるおいが浸透しているとは限らないのです。


心地よいとろみが保湿力の証。

ハリ弾力化粧水「モイスチュアチャージローション」は、肌に刺激になりやすいアルコール(エタノール)を使っていません。


肌にのせると、まず海藻エキスのとろみで表面をとろりとカバー。

そして、洗顔後のデリケートな肌を乾燥から守りながら、じんわり浸透。

うるおいと美容成分を角層の奥まで引き込んでいきます。

やさしくハンドプッシュしながらなじませれば、1分後には、内側から持ち上げるように肌がふっくら!


肌表面からすぐに消えないのは、刺激や乾燥を防ぎながらじっくり浸透している証拠なのです。

ハリ弾力化粧水の仕組み

ライン使いで乾燥しらずの肌へ。

肌の水分量は加齢と共に減少。

特に40代になると、水分と油分とともに急激に減っていきます。

だから40代以降は、化粧水とクリームは必須。

ライン使いをすることでハリもアップします。


ハリ弾力クリームには、化粧水と同じ7種のペプチドクリームを配合。

化粧水の後に使えば、与えたうるおいを逃さない密閉効果に加え、ハリ集中成分のペプチド量もグンとアップ。

減少する水分・油分を補いながら、エイジングケアのための美容成分も効率よく届けます。


あきらめていた乾燥も、根本からのエイジングケアも。


さあ、今すぐライン使いで叶えましょう。


乾きやすい大人の冬肌に。

冬の乾燥対策は、まず化粧水から。

うるおいと美容成分を角層の奥まで届けて、美容液でケアしたようなしっとり感が続きます。


クリームとのライン使いで、今年の冬は乾かない肌へ。


ハリ弾力化粧水&ハリ弾力クリーム
モイスチュアチャージローション(ハリ弾力化粧水)を購入するにはコチラ
アドバンストリジュビネーションクリームEx(ハリ弾力クリーム)を購入するにはコチラ
  • 限定キャンペーン
  • 最大25%OFF!!+送料無料!お得で便利なラクラク定期便
  • トライアルキット