banner

UVケア徹底ガイド

あなたの肌を救う!皮膚科医発UVケア徹底ガイド
シミ、シワ、たるみ…紫外線は美肌の大敵!しっかり対策しましょう。

紫外線を浴びると、肌は表皮の細胞を守るためにメラニンという色素をつくります。 メラニンは紫外線が真皮層に届かないようにブロックする働きがあり、通常なら皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)によって排出されます。 ところが、紫外線を長時間浴びたために過剰につくられたり、ターンオーバーの乱れによって排出しきれないと、肌に沈着してシミやソバカスになります。
また、肌のメラニンによって吸収されなかった紫外線(主に紫外線A・UVA)は真皮層に達し、そこで活性酸素(フリーラジカル)をつくります。 活性酸素は皮膚にハリや弾力を与えるコラーゲンを破壊し、シワやたるみが生まれます。
まさに紫外線は美肌の大敵なのです。だからこそ、UVケアは毎日継続することが重要です。

あなたの「大丈夫」をチェック! 間違いだらけのUVケア ・夏だけUVケアをしている。 ・一つでUVケアしていれば安心。 ・日焼け止めを塗るのは1日1回。 ・外出しない日はUVケアしない。など 1つでもチェックが付いた人は!今日から始めるUVケア!
[Professional Point 1] UVケアは1日も手を抜けないスキンケアの基本

「シミが濃くなった気がする」「秋になったらシワが増えてしまった」と悩まれクリニックにお越しになる患者様はたくさんいらっしゃいます。 でも、UVケアについて伺ってみると、そもそもケアをしていなかったり、朝に日焼け止め機能のついたファンデーションを塗るだけ、といった自己流のケアの方も多いようです。 シミ、シワの最大の原因は紫外線。まずUVケアは「1年中1日も手を抜けないもの」と意識を変えましょう。適切なUVケアは、紫外線老化から必ず肌を守ってくれます。 ポイントを押さえたケアで、いつまでも美しい肌を保ってください。

[Professional Point 2] いつ日焼け止めを塗っていますか? 塗り直ししない=塗っていないと同じです

朝、日焼け止めを塗ったら、あとは一度も塗り直さず…という方がほとんどではないでしょうか。SPFやPAが高い数値の日焼け止めを塗ったからといって安心はできません。 目に見えて汗をかいている時だけではなく、日常生活を送っているだけでも日焼け止めは落ちていますので、塗り直しは必須です。 日焼け止めを塗るのは、最低1日2回。外で過ごす場合は+2回が鉄則。汗をかいたら塗り直す、を習慣化しましょう。 とはいえ、日焼け止めクリームをその都度塗り直すのは難しいとお感じの方も多いはず。日常生活ではメイク直しも兼ねたパウダーやスプレータイプを活用すると便利です。

[Professional Point 3] おすすめは“紫外線吸収剤フリー”

日焼け止め選びで皆さんが最も気にされているのが、「つけ心地や仕上がり」「SPF、PA値」。ですが、知っていただきたいポイントとしてもう一つ“紫外線吸収剤フリー”があります。 UVカットのための成分には「紫外線散乱剤」と「紫外線吸収剤」がありますが、紫外線吸収剤は紫外線を放出する際の化学反応が肌にとって大きな負担となり、赤みやかぶれが起きてしまう方が多いのです。 敏感肌の方はすでに注意して選ばれていると思いますが、敏感肌ではない方は、かゆみが出たり、なんとなく肌の調子が悪くてもそのままで済ませてしまう方が多い。 まさか日焼け止めが原因とは思いもよらないのです。ですから、敏感肌だけではなくどんな方でも、日焼け止めは“紫外線吸収剤フリー”を選ぶのが賢明です。

もっと知りたい!UVケアQ&A 日焼け止めの選び方は? 「クリームタイプ」+「塗り直し用」を用意! 塗り方にコツはありますか? 使用量を守って、首や、耳にもしっかり 塗り直しのタイミングは? 最低1日2回、夏は+2回以上!汗をかいたら塗る 落とし方で気を付けることはありますか? クリームタイプの日焼け止めには必ずクレンジングを UVスキンケア+3つのケアでいつまでも美肌をキープ
[ケア1] 先手ケア ドライスキンはシミが濃くなる!?

肌が乾燥すると肌のバリア機能がくずれ、紫外線のダメージを受けやすくなってしまいます。また、お肌の再生がうまくできず、メラニン排出も滞るので、保湿は十分に。

[ケア2] 攻めケア 毎日シミを生まないひと手間を

どんなにUVケアをしても毎日浴びてしまう紫外線。シミが濃くなった後より、シミができる前に毎日美白(紫外線)ケアをするほうが、より効果的です。 紫外線の影響を、その日にケアできる成分が配合された美白美容液や化粧水も出ています。最近では、敏感肌の方でも使用できる美白化粧水も。 1回でシミを消すことは難しいですが、メラニンを集中的にケアする美白化粧品でじっくりシミケアに取り組みましょう。

いくつも美白化粧品を試してきましたが効果が実感できません…

実感できていないからといって、がっかりしてしまう必要はありません。使っていたのといないとでは、実はお肌に大きな差がでます。 シミの元メラニンは毎日生まれ、濃くなりますから、美白ケアをしていなければ今以上のシミが現れているはず。
残念ながら加齢とともに肌再生は遅くなりますから、
メラニンを排出するよりも、シミができる方が早く
なります。いかにメラニンを早く排出し蓄積を防ぐ
かが、シミを作らない、濃くしない鍵です。
すぐに消し去るのは困難だからこそ、1日でも早く
美白ケアを始めた人ほど、何歳になっても美しい肌
でいられるのです。

[ケア3] 内側ケア ビタミンB・Cは、美肌づくりの素

レモンなどの柑橘系フルーツや豚肉、カツオなどに多く含まれるビタミンBを食事から積極的に摂りましょう。また内服として、ビタミンCとトラネキサム酸を一緒に摂ると効果的です。

あなたの肌を救う!皮膚科医発UVケア徹底ガイド シミ、シワ、たるみ…紫外線は美肌の大敵!しっかり対策しましょう。 あなたの「大丈夫」をチェック! 間違いだらけのUVケア ・夏だけUVケアをしている。 ・一つでUVケアしていれば安心。 ・日焼け止めを塗るのは1日1回。 ・外出しない日はUVケアしない。など 1つでもチェックが付いた人は!今日から始めるUVケア!

Professional Point 1

UVケアは1日も手を抜けないスキンケアの基本

「シミが濃くなった気がする」「秋になったらシワが増えてしまった」と悩まれクリニックにお越しになる患者様はたくさんいらっしゃいます。 でも、UVケアについて伺ってみると、そもそもケアをしていなかったり、朝に日焼け止め機能のついたファンデーションを塗るだけ、といった自己流のケアの方も多いようです。 シミ、シワの最大の原因は紫外線。まずUVケアは「1年中1日も手を抜けないもの」と意識を変えましょう。適切なUVケアは、紫外線老化から必ず肌を守ってくれます。 ポイントを押さえたケアで、いつまでも美しい肌を保ってください。

Professional Point 2

いつ日焼け止めを塗っていますか?
塗り直ししない=塗っていないと同じです

朝、日焼け止めを塗ったら、あとは一度も塗り直さず…という方がほとんどではないでしょうか。SPFやPAが高い数値の日焼け止めを塗ったからといって安心はできません。 目に見えて汗をかいている時だけではなく、日常生活を送っているだけでも日焼け止めは落ちていますので、塗り直しは必須です。日焼け止めを塗るのは、最低1日2回。外で過ごす場合は+2回が鉄則。 汗をかいたら塗り直す、を習慣化しましょう。とはいえ、日焼け止めクリームをその都度塗り直すのは難しいとお感じの方も多いはず。日常生活ではメイク直しも兼ねたパウダーやスプレータイプを活用すると便利です。

Professional Point 3

おすすめは”紫外線吸収剤フリー”

日焼け止め選びで皆さんが最も気にされているのが、「つけ心地や仕上がり」「SPF、PA値」。ですが、知っていただきたいポイントとしてもう一つ”紫外線吸収剤フリー”があります。 UVカットのための成分には「紫外線散乱剤」と「紫外線吸収剤」がありますが、紫外線吸収剤は紫外線を放出する際の化学反応が肌にとって大きな負担となり、赤みやかぶれが起きてしまう方が多いのです。 敏感肌の方はすでに注意して選ばれていると思いますが、敏感肌ではない方は、かゆみが出たり、なんとなく肌の調子が悪くてもそのままで済ませてしまう方が多い。まさか日焼け止めが原因とは思いもよらないのです。 ですから、敏感肌だけではなくどんな方でも、日焼け止めは”紫外線吸収剤フリー”を選ぶのが賢明です。

もっと知りたい!UVケアQ&A 日焼け止めの選び方は? 「クリームタイプ」+「塗り直し用」を用意! 塗り方にコツはありますか? 使用量を守って、首や、耳にもしっかり 塗り直しのタイミングは? 最低1日2回、夏は+2回以上!汗をかいたら塗る 落とし方で気を付けることはありますか? クリームタイプの日焼け止めには必ずクレンジングを UVスキンケア+3つのケアでいつまでも美肌をキープ

シミやシワを作らないためには体の内側からも外側からからも、総合的にケアすることがポイントです。毎日の生活の中で実践しやすいセルフケアをご紹介しますので、さっそく今日から取り入れてみてください。

[ケア1] 先手ケア ドライスキンはシミが濃くなる!?

肌が乾燥すると肌のバリア機能がくずれ、紫外線のダメージを受けやすくなってしまいます。また、お肌の再生がうまくできず、メラニン排出も滞るので、保湿は十分に。

[ケア2] 攻めケア 毎日シミを生まないひと手間を

どんなにUVケアをしても毎日浴びてしまう紫外線。シミが濃くなった後より、シミができる前に毎日美白(紫外線)ケアをするほうが、より効果的です。 紫外線の影響を、その日にケアできる成分が配合された美白美容液や化粧水も出ています。最近では、敏感肌の方でも使用できる美白化粧水も。1回でシミを消すことは難しいですが、メラニンを集中的にケアする美白化粧品でじっくりシミケアに取り組みましょう。

いくつも美白化粧品を試してきましたが
効果が実感できません…

実感できていないからといって、がっかりしてしまう必要はありません。使っていたのといないとでは、実はお肌に大きな差がでます。 シミの元メラニンは毎日生まれ、濃くなりますから、美白ケアをしていなければ今以上のシミが現れているはず。残念ながら加齢とともに肌再生は遅くなりますから、メラニンを排出するよりも、シミができる方が早くなります。 いかにメラニンを早く排出し蓄積を防ぐかが、シミを作らない、濃くしない鍵です。すぐに消し去るのは困難だからこそ、1日でも早く美白ケアを始めた人ほど、何歳になっても美しい肌でいられるのです。

[ケア3] 内側ケア ビタミンB・Cは、美肌づくりの素

レモンなどの柑橘系フルーツや豚肉、カツオなどに多く含まれるビタミンBを食事から積極的に摂りましょう。また内服として、ビタミンCとトラネキサム酸を一緒に摂ると効果的です。

  • 限定キャンペーン
  • 最大25%OFF!!+送料無料!お得で便利なラクラク定期便
  • トライアルキット