このエントリーをはてなブックマークに追加
banner


「同じところにシミができる」そんな方こそ。

「私は左の頬にばかりシミができるんです」、そんなお声をよく耳にします。 実はこれ、よく見られる現象なのです。

「シミ」は、シミそのものが肌ダメージとして周囲の肌にも刺激を与えます。 メラニンが多く作られる状態のシミのまわりでは、どうしてもまた新たにシミができやすくなるのです。

「あれ?また増えてる?」そんな風に気になっている方は、「冬美白」の習慣を始めてみませんか。


美白※ケア=夏?実は冬こそチャンスです。

美白化粧品のテレビCMが最も多く流れるのは春から夏にかけて。 だから、シミのお手入れを春夏だけのものと誤解されている方もいらっしゃるかもしれません。

確かに、紫外線の強い春夏のお手入れに、美白ケアは欠かせません。 けれど一方で、シミを「あきらめたくない」「なんとかしたい」方にとって、冬は絶好のチャンスだということをご存知でしょうか?

強い紫外線の刺激で、シミの元、メラニンがどんどん作られている春夏と比べたら、冬場のメラニン生成は控えめです。 つまり、美白ケアにとっては「有利」な状況。 美白美容液の「日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ」という薬用効果をしっかり発揮させるには適した環境といえるのです。

肌は、「記憶力のいい臓器」と言われています。 薬用ケアで、メラニン生成が抑えられている状態を、この季節のうちにしっかり肌にじっくりと体験させてあげましょう。

※メラニンの生成を抑え、日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ。


手のあたたかみで、ハンドプッシュを。

薬用美白美容液を肌にたっぷりとなじませたら、最後に両手で肌を包み込むようにギュッとハンドプッシュを。 このときに、浸透させたいからと決してゴシゴシこすらないこと。 摩擦の刺激は逆効果です。 冷え性の方はお湯などで手をあたためてから、そのああたかみと共にハンドプッシュをすると効果的です。

シミが気になるなら今こそチャンス。 早速、冬美白を始めましょう。



薬用美白美容液
(アドバンストホワイトニングセラム)

ご購入希望の方はコチラ