tr?id=292789501083745&ev=PageView&noscript=1
    • HOME > 
    • 開発者コラム > 
    • vol.29 話題の再生治療まで。育毛治療は、今、ここまで進化 している。

開発者コラム

開発者Dr.今泉が美肌づくりを教えます

vol.29 話題の再生治療まで。育毛治療は、今、ここまで進化 している。

育毛治療を手掛ける、東京ミッドタウン皮膚科形成外科ノアージュ今泉 院長に伺いました。

あきらめるのは早い!研究が進む、再生医療の育毛への応用。

  1. ブラシでトントン発想の育毛治療の時代

    40代以上の世代の方は、育毛剤の後に頭皮をブラシでトントン叩くお父様の姿やテレビCMを記憶されている方も多いでしょう。
    一見ただの気休めのようにも思えるこのやり方、実は理にかなっているのです。
    というのも、医療においても、微小な炎症をあえて作り、そこからの自然回復力によって発毛を促進する治療法が実際に20年ほど前には実施されていたからです。
    液体窒素で頭皮を凍傷のような状態にし、発毛させる治療も同じ原理。その他、外用薬や内服薬での治療など、育毛の治療法は様々あります。

  2. iPS細胞を使った育毛再生医療も研究が進む

    現在、育毛治療は次のステージにきています。
    ノーベル賞で話題となったiPS細胞を用い、自分の細胞を培養して育毛治療に活かすという研究が、研究機関で進んできています。大きな期待を集める研究ですが、今はまだあくまで研究段階。その成果に注目が集まっています。

    では、再生医療の考え方はまだまだ治療に活かされていないのかというとそうではありません。 頭皮に成長因子のカクテル(KGF、IGF-1などのペプチド類)を注入するHARG療法と呼ばれる治療は、まさに再生医療の発想を応用した、「生やす」力をサポートする治療。
    髪の一生にはサイクルがありますが、髪を形成する「成長期」を長くし、髪の生成が停止される「退行期」を短くするという考え方です。

    髪が生える仕組みの根本に働きかけているため、育毛治療の精度はこの治療法でぐっと上がりました。 女性にも人気の治療法です。

育毛治療を新時代へと突入させたHARG(ハーグ)療法

  1. <成長因子注入で生える力を強力にバックアップ>

    カウンセリング
    まずは髪と頭皮の状態を拝見します。お悩みやご不安な点など、しっかりうかがってから施術に入ります。

  2. 成長因子を抽入
    この小さなスタンプで成長因子を抽入します。パチンと輪ゴムではじかれたような感触がありますが、強い痛みはありません。 このプロセスが約20分。

  3. マッサージ+LED(赤色)
    成長因子を頭皮にしっかりなじませるようにマッサージした後、さらにLED(赤色)を照射する育毛促進セラピーも。 カウンセリングからのトータルな所要時間は50分程度。

※HARG(ハーグ)療法は、ミューノアージュ共同開発者、今泉先生が院長を務める東京ミッドタウンクリニック皮膚科形成外科ノアージュでも行っています。詳しくはHPをご覧ください。
https://www.noage-amc.com/

皮膚科医発想のWアプローチで、太く強いツヤ髪へ。

皮膚科での育毛治療発想で開発された新アプローチの育毛剤、それがミューノアージュの「Wアプローチヘアプログラム」。

細く弱った髪に、ただ薬用育毛成分を届けるだけでは、実感力のある育毛は実現できない。
そこで生まれたのが、①養毛料の後に②薬用育毛剤を使う、W(ダブル)のアプローチの育毛剤。

<自宅でも本格育毛ケアが可能に!>

1. <養毛料>
2. <薬用育毛剤>
[医薬部外品]
1.<養毛料>

2.<薬用育毛剤>
[医薬部外品]

「Wアプローチヘアプログラム」商品詳細はこちら
http://www.munoage.com/ikumoutop/

  • 限定キャンペーン
  • 最大25%OFF!!+送料無料!お得で便利なラクラク定期便
  • トライアルキット