tr?id=292789501083745&ev=PageView&noscript=1
    • HOME > 
    • 齋藤薫の美容コラム > 
    • Vol30 誰のために美しくなるの? 愛する人の目に美しく映るためと 考えるフランス女が眩しい

齋藤 薫の老けない人。老けない話。

Vol30 誰のために美しくなるの? 愛する人の目に美しく映るためと 考えるフランス女が眩しい

 久しぶりに表舞台に登場したカトリーヌ・ドヌーブは、今年で75歳。さすがにちょっとでっぷりとした印象にも見えるけれど、女っぽくゴージャスな佇まいは健在だ。しかも、今回は世界中を騒がせているセクハラ告発騒動に対する反論で、ジャーナリストや作家、学者など、フランス人の女性文化人100名の連名で、今のようなセクハラ糾弾はちょっと行き過ぎ、〝男性の口説く権利〟を奪うことにならないかとメッセージ。暗に、「口説かれてこそ女」と訴えているようで、このフランスを代表する女優が、〝現役の女であること〟、今なお魅力ある女性を代表する存在であることを、改めて思い知らせた。

 かつてエマニエル・ベアールが、「女はのべつまくなし美しくなくたって構わない。愛する男の目に最も美しく映っていることが女の使命だから」と、何かのインタビュー記事で語っていたことを、ふと思い出した。自分が美しくあること自体よりも、男の目に美しく映ることの方が大切……フランス女性はやっぱり〝愛されること〟が最優先されることを、印象づけたもの。自己満足の美しさでは意味がない。女として異性に見つめられ、魅了する美しさでなければ意味がないと。でもだから、フランス女は何だか艶っぽいのだとも思い知った。

 今、美しく若くあるのはあくまでも自分自身のため。自分を勇気づけるため……そういう考え方が主流になっている。誰の目を意識するものでもない、鏡の中の自分の美しさに自信と元気を得て、前向きに生きるためのエネルギーとすること、それが美しくなることの一番の目的であると。

 もちろんこれは、とても正しい。生命力そのものに変わる美しさは、本当にかけがえのないもの。だけれど、美しさは本来移ろいやすいもの。すぐ歯止めがきかなくなったり、基準を見失って、あらぬ所へ向かって行きがち。自分のためだけの美しさは、裏を返せば、独りよがりのものになってしまいがちだ。美しさには、やっぱり客観性が不可欠で、自分を見ていてくれる人が必要なのではないかと思う。

 つまり、〝誰の目も意識しない〟は、やはり危険。人目を意識してこそ美しさは自ずとバランスが取れ、研ぎ澄まされてく。玄関を一歩出たら、どんな人の目をもぐるりと意識することもまた、美しく若くいるための絶対のルールなのだ。いや厳密に言うなら、「玄関を一歩出たら」というのも、間違い。

 ある50代の主婦の証言……若返りの施術を受けるたびに、夫が優しくなる。おそらく何も気づいてはいないはずだけれど、明らかに態度が変わる。ちゃんと女性を見る目になると……。そういう変化に夫はまるで関心がないと思っていたけれど、全くそんな事はなかったと。だからこちらも逆に夫を男として改めて意識し、もっとキレイにならなきゃと思うようになったと言うのだ。妻がキレイになると、夫の扱いが変わる……男って、そういう意味でとても単純にできているのである。

 だからこそ、まずは夫の目を意識すること。身近な人の目を意識すること。美しさが自分だけを満足させるものに留まっていては、つまらない。愛する人の目に美しく映し出されてこそ、色香が溢れ出す。それに改めて気づかせてくれたのが、セクハラ騒動だったことは、ちょっと皮肉だけれども……。
齋藤 薫 [美容ジャーナリスト]

女性誌編集者を経て独立。 女性誌において多数の連載エッセイを持つ他、美容記事の企画、化粧品の開発・アドバイザー、NPO法人 日本ホリスティックビューティ協会理事など幅広く活躍。『Yahoo!ニュース「個人」』でコラムを執筆中。新刊『されど“男”は愛おしい』(講談社)他、『“一生美人”力人生の質が高まる108の気づき』(朝日新聞出版)、『されど“服”で人生は変わる』(講談社)など著書多数。

  • 限定キャンペーン
  • 最大25%OFF!!+送料無料!お得で便利なラクラク定期便
  • トライアルキット