tr?id=292789501083745&ev=PageView&noscript=1

齋藤 薫の老けない人。老けない話。

Vol.25 お互いの趣味に、女友達を招待する……それは、みんな一緒に輝く発見!

同窓会というものがブームとなってもう10年は経つのだろうか。当初は、改めて仄かな恋心が芽生えたりという〝ときめき〟の効果で、〝同窓会は人を若くする〟と言う副産物をもたらしたものだけれど、また別の意味でそれは、思いがけない効果を生んでいたようだ。

ある女性4人のグループは、高校の同窓会で20数年ぶりに再会して以来、定期的に会うようになり、やがてお互いの趣味を持ち回りで紹介し合うようになったという。1人は歌舞伎が趣味。1人はオペラ。そして1人はお寺まわり、もう1人は美術館巡りという具合……それぞれ全く違う趣味を持っていたことが面白くて、順番にその講釈をしているうちに、それならばお互いの趣味にそれぞれを招待しようと言う話になったのだった。一人一人がその魅力はどこにあるのか、感動のツボはどこなのか、そういうことを他の3人に教えるうち、ならば自分もやってみたいと言う話になり、趣味の交換会が始まった。

だから先月はみんなで歌舞伎に行き、今月はみんなでオペラに行く。さらには鎌倉に行ってお寺まわり。次は折を見て、地方の美術館に旅行をかねて行きましょうと言う話になっている。その結果どうなったか? なぜか4人が4人とも目に見えてイキイキ元気になったと訴えたのだ。

でもなぜ? 言うまでもなく新しい感性の扉が開いたから。趣味の始まりには、たまたま何かのきっかけで出会う場合と、そして他者がそこに招いてくれる場合とがある。どこから入っても構わないけれど、他者に招待された場合は、ナビゲーターが入る分だけより理解が早く深く、その醍醐味を知ることができるのだと言う。そうやって大人になってから、新しい感動の目覚めがあると、人は目の輝きが違ってくる。もっと若い頃に出会うのとは違う。人生経験を豊富に積んできたからこそ、感動の度合いが深まってとても良い出会いができるのだ。

次に、それぞれの趣味についてみんなで語り合うこと。それがいかに重要なことかは、そういう機会を持つたびに強く思い知ることになるのだろう。ある意味、文化について語り合うのは、いわゆる世間話や人の噂話の時とは脳における別の部分を刺激するような、思いがけない快感があるはず。言葉によっても人は磨かれる。自分の中に知性の目覚めを感じた時もまた、人の表情が輝きだすのだ。
そしてもう一つ、とても単純に外出の機会が増えること。女同士、同い年であるのも手伝って、みんなきちんとオシャレをして出かけていく、きっと新しい服が欲しくなる。禁断の和服の世界に足を踏み入れてしまうかもしれない。でもそれが美容。着飾る場面が増えること自体が、重要な美容なのだ。

かくして、趣味の幅が人数分だけ増えていく同窓会の延長は、人を驚くほど美しく磨いていた。ついでに言っておくならば、そうした文化が人を磨くのは、ある程度年齢がいってから。人生経験と言う下地ができてからの方が、文化は美に変わりやすいのである。 
齋藤 薫 [美容ジャーナリスト]

女性誌編集者を経て独立。 女性誌において多数の連載エッセイを持つ他、美容記事の企画、化粧品の開発・アドバイザー、NPO法人 日本ホリスティックビューティ協会理事など幅広く活躍。『Yahoo!ニュース「個人」』でコラムを執筆中。新刊『されど“男”は愛おしい』(講談社)他、『“一生美人”力人生の質が高まる108の気づき』(朝日新聞出版)、『されど“服”で人生は変わる』(講談社)など著書多数。

  • 限定キャンペーン
  • 最大25%OFF!!+送料無料!お得で便利なラクラク定期便
  • トライアルキット