tr?id=292789501083745&ev=PageView&noscript=1
    • HOME > 
    • コラム一覧 > 
    • 冷えは美容の大敵! 話題の「温活」と今日から意識したい入浴習慣
このエントリーをはてなブックマークに追加

冷えは美容の大敵! 話題の「温活」と今日から意識したい入浴習慣?

冷えは美容の大敵! 話題の「温活」と今日から意識したい入浴習慣

冷えは美容の大敵! 話題の「温活」と今日から意識したい入浴習慣

手足の冷えに悩まされる寒い冬も終わりに近づき、ようやく暖かい日が続くようになってきました。

しかし、気温が高くなったからといって油断は禁物。近年は、春や夏でも冷えに悩まされる方が増えてきています。
冷えは、健康だけではなく、肌の美容にも悪影響を及ぼしてしまうもの。そこで話題になっているのが「温活」です。

今話題の温活について説明し、今日から心がけたい温活習慣をご紹介します。

暖かい時期でも体が冷える?

はじめにお話ししたように、近年は冬に限らず春や夏に体の冷えを実感する方も増えてきています。
エアコンの普及によって体の体温調節機能が衰えてしまったこと、運動量の低下によって筋肉量が減少したことなどが要因となり、季節に関係なく体が冷えやすくなっているのです。

また、脂肪は一度冷えると温まりにくいという性質があるため、男性よりも皮下脂肪の多い女性の方が冷えを感じやすいとされています。

冷えの悪影響と「温活」

体が冷えると、血行の悪化や自律神経の乱れといった不調を招いてしまいます。
血行が悪化すれば体内に老廃物が溜まり、肌のターンオーバーも滞ってしまうことに。
放っておけば、シミやシワ、たるみといった肌トラブルへと繋がってしまうのです。

上記のような冷えによる悪影響を緩和する方法として話題を集めているのが「温活」。
食事や生活習慣を見直すことで体を内側からしっかりと温め、美容と健康をキープする方法です。

今日から始めよう! お風呂で温活

お湯に浸かって疲れを癒し、体を清潔に保つ日々の入浴は、美容と温活の要。
シャワーではなく、しっかりと湯船に浸かることが大切です。

湯船に浸かって体を温めることで、コリが解消されて血の巡りがよくなります。
さらに、浮力による筋肉の緩みがリラックスやストレスの解消に繋がるため、自律神経を整える働きも期待できるのです。

また、入浴によって体温を上昇させることは、質の良い睡眠にも繋がります。
温活のポイントは、いかにスムーズに血液を巡らせるか。汗をかく入浴中は体内の水分量が減ってしまうため、血液もドロドロになってしまいがちです。
入浴前には冷たすぎない水をコップ1杯ほど補給し、血液の流れをスムーズにしてあげましょう。

今日から始めよう! お風呂で温活
 

いかがでしたか?
冷えと美容の関係、日々の入浴の重要性についてご紹介しました。
暖かくなると、ついつい薄着をしてしまったり、空調の効いた涼しい部屋で過ごしてしまったりするもの。

しかし、体を冷やす習慣は美容を損ねる習慣でもあるのです。
健康な体と美しい肌を目指し、今日から意識して「温活」を行ってみてくださいね。