tr?id=292789501083745&ev=PageView&noscript=1
    • HOME > 
    • コラム一覧 > 
    • 乾燥肌はシミの予備軍って本当? 保湿ケアから始めるシミ対策
このエントリーをはてなブックマークに追加

乾燥肌はシミの予備軍って本当? 保湿ケアから始めるシミ対策

乾燥肌はシミの予備軍って本当? 保湿ケアから始めるシミ対策

乾燥肌はシミの予備軍って本当? 保湿ケアから始めるシミ対策

肌が乾燥しがちなこの季節ですが、乾燥を放っておくとシミが増える原因になってしまうことはご存じでしたか?

今回は、乾燥とシミの関係や、透明感のある肌を維持するための保湿ケアテクニックをご紹介いたします。

肌の乾燥はシミができる原因に!

乾燥とシミは、一見あまり関係性のない肌トラブルに思えますよね。
しかし実は、乾燥した肌にはシミができやすく、できてしまったシミも治りにくいという特徴があるのです。
なぜなら、乾燥した肌はバリア機能が弱まっていて、紫外線のダメージを受けやすいため。
通常の肌よりも紫外線で炎症を起こしやすい分、シミもできやすくなってしまいます。

さらに、乾燥は肌のターンオーバーの乱れを招く原因の一つ。
肌の生まれ変わりが遅くなることで、メラニン色素を押し出しにくくしてしまうことにも繋がるのです。
つまり、シミの予防・ケアには保湿ケアが欠かせないということ。

肌が乾燥しやすいこの時期に正しく保湿できていたかどうかで、肌の透明感まで変わってくるかもしれません。

乾燥とシミを防ぐ保湿ケア方法

夏は湿度が高い分皮脂の分泌も活発になりますが、冬は空気が乾燥して皮脂の量が低下します。
夏はさっぱり系の化粧品を使っていた人も、冬はしっとり系の化粧品にシフトしていくのが良いでしょう。
保湿力の高い化粧水を使用することで肌の水分量がアップし、乾燥とシミの両方をケアすることができますよ。
基礎化粧水の見直しと併せて以下の対策を取り入れ、肌を乾燥から防いでいきましょう。

・日焼け止めの前にも保湿を
冬の間も紫外線は降り注いでいるので、日焼け止めを使った対策は必須。
しかし、肌が乾燥していると日焼け止めの効果が薄れてしまいます。
日焼け止めを塗る前にもしっかりと保湿し、紫外線に負けない土台を作っておきましょう。

・透明感をアップしたい人のスペシャルケア
肌の透明感をさらにアップさせたい人には、コットンパックを利用したスペシャルケアがおすすめです。
パックで肌を覆うことで成分が浸透しやすくなり、よりうるおった肌に整えることができますよ。

 

~コットンパックを使ったスペシャルケアの方法~

1. 洗顔後、美白美容液をつけ、化粧水で肌を整える
2. 化粧水をたっぷり浸したコットンを薄く裂き、額・頬・鼻など顔全体を覆うように貼る
※パックを貼った上から蒸しタオルやスチーマーを当てると、さらに効果的です。
3. 約5分後にコットンをはがし、クリームなどを塗って保湿する

~コットンパックを使ったスペシャルケアの方法~

いかがでしたか?
肌の乾燥とシミの関係性、冬に行いたい保湿ケアの方法をご紹介いたしました。
うるおいを含んだ真っ白な肌は、多くの女性の憧れですよね。

保湿ケアと併せて、美白美容液をプラスする方法もおすすめです。
なぜなら保湿をしっかりすることで、成分が肌に浸透しやすくなるため。

「ミューノアージュ ホワイトニングローション」や「ミューノアージュ アドバンストホワイトニングセラム」などを活用すれば、保湿と美白の両方を叶えることができますよ。
冬の乾燥を乗り切り、シミのない美しい肌を目指しましょう。