tr?id=292789501083745&ev=PageView&noscript=1
先端美容医療に携わっている私ですが、
実は幼少期からアトピーに悩んでいました。
思春期になると見た目が気になって、小学校高学年の時に自ら皮膚科へ。
担当の先生が親身に話を聞いてくださり、
心が軽くなった経験から皮膚科医を目指すようになりました。
大学院を卒業して皮膚科医として経験を積んだ後、
世界の美容医療を勉強したいという気持ちから渡米。
ワイル・コーネル医科大学で大手商品メーカー関連のペプチド研究などに
没頭しました。2007年に当クリニックのオープンのため帰国。
日焼けし放題だった肌を美白しようとあらゆる化粧品を試しましたが、
効果を実感でき、かつ30代で敏感肌の私でも
安心して使い続けられるものはなく、
自分で化粧品を作りたいという思いが芽生えました。
その後クリニックで診療に取り組んでいたところ、
スイス ローザンヌ大学開発の医療用クリーム「PSP*」と出会いました。
驚きました。やけどの傷あとを治すという目的で配合されたペプチドの、
肌の再生力(肌が本来持つ自然治癒力)を引き出すパワーに。
クリニックでの治療に導入すると、ハリが出たなど喜びの声を多くいただき、
その実力を再確認。そこで、日本で化粧品に配合できるペプチドの中から
7種を厳選し、日本人の肌に合わせてミューノアージュを開発したのです。
「美肌のかかりつけ医」として日々肌を診ていく中で、
いかに多くの方がお悩みを抱えているか目の当たりにしています。
私のように肌にトラブルを抱えている方も含めたすべての女性の、
もっときれいな肌になりたいという願いに応えられる化粧品でありたい。
ミューノアージュを通して、肌本来の美しさを楽しむ喜びを
一人でも多くの方に味わっていただきたいと思っています。

*:日本では厚生労働省から認可されていない成分を配合しているため医師の処方箋が必要。
  • 開発ストーリー
  • muNoageの考え方
  • muNoageのお約束
  • Dr.今泉からのメッセージ
トライアルキット 4000円相当が1620円
Recommend おすすめコンテンツ
  • 商品のご紹介
  • 体験レポート
  • お客様の声